介護士のツラさ、話しても通じない

介護士のツラさ、話しても通じない

私は結婚前まで介護士でした。私が辛かったなって思うのは1番は言ってもなかなか通じないことです。

私は認知症の方々がいる施設、グループホームに勤めていました。認知症は記憶が子供に遡ってしまうので昔のことはよく覚えていても最近のことは忘れてしまうのがほとんどです。認知症にもいろいろありますが暴言、暴力の方もいます。

子供と同じでなかなか通じないから先に手を出してしまったり暴言がでてしまうと思うんですが辛かったです。病気だとわかっていてもやめてしまおうか、なぜグループホーム内だけしか知らないのに否定されないといけないの!って毎日思っていました。それから、認知症の人は人にもよりますが入浴拒否をする人も多々います。なるべく言葉がけで優しく接しますがその場では行こうかっていって脱衣所まで来てくれますが、入浴するときに一気に気分が変わり抱えているときに暴れる人もいます。抱えてるとき以外だったら他のスタッフにお手伝いをお願いできますが、抱えていたらお願いもできないのですごく困りました。

あと、何より辛くてしんどかったのが利用者さんの死です。私が在職してるときに亡くなったのが2人です。私は急変したときに夜勤をやっていたわけでもないし、直接的に対応に関わったわけでもないです。施設は看取り介護はしないので病院に緊急搬送って形になり、亡くなったら病院から施設に連絡がくるようになります。たまたま亡くなった日の夜勤は私が担当でした。

免疫がなかったんだと思います。私は最初の方が亡くなった時に辞めようかとも思っていました。自分のおばあちゃんでもない、ただ、働いてずっとみていた方なだけです。でも、その時のリーダーに言われたのがグループホームを始め、施設の方々は死と隣り合わせ。いつ亡くなってもおかしくない人たちがいるところなの。また、こういうことが起きてくるかもしれないの。あなたには強くなってもらいたいし、仕事はできてるのだからもったいないよと言われました。

それからです。私が仕事に対する姿勢が変わったのは。2人目が亡くなったときもショックはショックでした。その方は本当に元気なおばあさんでした。同僚からなくなったよと言われた時に嘘でしょーと言ってしまったぐらい…本当に何が起こるかわからないのが施設なんだと思いました。

本当に辛い出来事ですが、子育てがひと段落したらきっと介護職につくと思います。それくらい素晴らしい仕事だと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です